不貞行為の証拠を得るにはどうしたらいい?

離婚裁判を行うにあたって、離婚を成立させるため、慰謝料や親権などを得るためには、裁判の流れを自分に有利に働かせることが必要です。自分に有利に働かせるために必要不可欠なのが証拠です。離婚裁判の場合、離婚の理由にあたるもの、つまり不貞行為の証拠が必要となるわけです。不貞行為というのは、夫婦以外の異性と関係を持っているということで、これを不貞行為を行った本人が認めれば問題ありませんが、認めなかった場合は証拠が求められます。では、どのような証拠が必要なのでしょうか。

 

不倫相手とただ単に2人きりで会っていた、2人で食事をしていたなどということは、一見不倫の証拠になるようですが、不貞行為(性行為)が行われたかどうかという点で、ハッキリとした証拠にはなりません。そのため、決定的な証拠を得るためには、たとえばラブホテルに2人で入っていくシーンの写真が必要であるということになります。しかし、こういった証拠を一個人で得ることはなかなか難しいものがあります。尾行していても、途中で逃げられてしまうということもありますし、写真を撮っても暗がりであるために顔が不鮮明であったり…。個人で離婚裁判で確実に有利になるための証拠を得ることは、非常に難しいのです。

 

確実な証拠を得たいのであれば、探偵事務所に依頼することをおすすめします。特に原一探偵事務所のような大手の探偵社であれば、暗がりでも鮮明な写真を撮れるような機器、尾行中に移動手段を変えられても対応できるような人数の確保や車の台数など、確実な証拠を得るための手段が多く揃っています。また、裁判に有利になるような、わかりやすい報告書をまとめるということでも評判が良いので、もしも離婚裁判を考えているということであれば、一度無料相談をしてみると良いかもしれませんね。