不貞行為に時効はあるの?

パートナーが愛人を作って不倫をしていた…これほどショックなことはありません。関係を修復したいのであれば別ですが、そうではない場合は、早期に離婚に持ち込んで慰謝料を請求した方が良いでしょう。なぜならば、不貞行為による慰謝料請求には時効があるからです。一般的に、不貞行為が行われたときから20年。もしくは請求相手が判明してから3年。このどちらかで短い方が適用されて、時効消滅するとされています。そのため、愛人がどこの誰なのか発覚しているというときには、その相手との最後の不貞行為が行われてから3年以内に、慰謝料請求を行わなければならないのです。

 

時効に限らず、不貞行為が疑われた場合は早期に発覚をさせて証拠集めをはじめたほうが良いでしょう。というのも、離婚裁判になったときには、不貞行為の確実な証拠が必要不可欠だからです。早期に調査をはじめれば、相手に気付かれることなく多くの確実な証拠を掴みやすいですし、自身のモヤモヤも早くに解決することができることでしょう。

 

原一探偵事務所であれば、ひとつの案件に対して精鋭の調査員を数名グループで投入するために、ターゲットに追尾を気付かれたり、逃げられてしまったりということも少なくなります。また、探偵社の費用というのは調査日数によって変動していくため、早くに確実な証拠を掴むことができればその分調査費用も安く済みます。ひとりで調査をすることと、何人かで調査をすることと比べて、どちらが確実な証拠を掴みやすいかということは、言わずともわかりますね。そういった面でも、原一探偵事務所の調査は安心感があるのです。更に、調査や報告だけでなく、その後どのように裁判を進めて行ったらいいのかということも含めたアフターフォローまでしっかり面倒を見てくれるので、法律に疎いという方でも大丈夫ですよ。気になることがある方は、ぜひ一度無料相談を受けてみるといいですね。