不貞行為による慰謝料の相場はどれくらい?

不貞行為というと、なんだか難しい言葉のようにも聞こえますは、要するに浮気・不倫のことを指します。夫婦のどちらか一方が、この不貞行為をして発覚した場合、不貞行為をされた側が、精神的苦痛の慰謝料として、配偶者と愛人に慰謝料を請求することができます。ところでこの慰謝料ですが、具体的にはどれくらいの金額の請求が相場となっているのでしょうか。

 

実は、不貞行為の慰謝料の相場というのは、ハッキリと定められていません。算定基準となっているのは、被害者が受けた精神的苦痛がどの程度のものであったのか、不貞行為の期間や回数、結婚年数、配偶者と愛人どちらが不貞行為に積極的であったのか等、様々なことが考慮されて裁判官が決定をします。精神的苦痛ということで、目に見えない賠償となるために、請求するのはいくらでも請求することができますが、あまりに一般にかけ離れた金額であったりすると、その根拠を問われたり、話がこじれてしまったりします。また、慰謝料を請求された側の支払能力が低ければ、希望通りの請求ができないこともあります。最も多いのは200万円前後で、幅としては50万円から400万円ほどの間で請求がなされているようです。

 

この不貞行為の慰謝料は、配偶者や愛人が不貞行為を素直に認めてくれればいいのですが、そうでない場合は不貞行為の証拠が必要となります。自分の憶測や不十分な証拠だけでは慰謝料請求が棄却されてしまうこともあるため、裁判で戦うつもりであるなら、原一探偵事務所など探偵社に依頼をし、きっちりと不貞行為の証拠を得ることが重要となります。