不貞行為とは、どんなことを指すの?

よく、「不貞行為」という言葉を聞くことがあるかと思いますが、具体的にはどのようなことなのかご存知でしょうか。不貞行為というのは、簡単に言えば性的関係を持つ浮気のことです。結婚した夫婦は、貞操義務を負う必要があり、これに反してしまった場合は、不貞行為を理由として法律的に離婚請求をすることができるのです。

 

しかし、自分のパートナーが不貞行為をしているのではないかという疑惑があるものの、本人が認めなかったり、確定的な証拠が無い場合は、裁判に持ち込んでも有利にならないことが多くあります。裁判などで、不貞行為として認められるためには、確定的な不貞行為の証拠が必要となるのです。では、不貞行為の証拠というのは、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

パートナーが、別の異性と2人きりで会って食事をしていたという写真を撮影できたとします。しかしこれだけでは、不貞行為(性行為)があったのかどうかということまではハッキリとしません。一方で、パートナーが別の異性とラブホテルに入るところや出てきたところの写真を撮影できたとしたら、これは不貞行為の重要な証拠になります。このように、第三者から見て不貞行為が行われたと思われるような証拠が必要なのです。

 

こうした確定的な証拠は、一個人で得ることはなかなか難しいものです。そんなときに原一探偵事務所など探偵社に依頼をすることで、複数の探偵による調査で効果的な証拠を掴み、裁判に有利になるような報告書までまとめてくれるのです。離婚裁判を考えているのであれば、こうした確定的な証拠を得ることができる、探偵事務所を依頼することも考えてみると良いですね。